bird

CASE

かつての土間を生活のメインの空間へと再生

I邸 古民家再生工事 つくば市 2013

コンセプト

敷地はつくば市大貫、北条の西側に位置し、周囲には長屋門、古い民家の残る歴史ある集落内に立地。建物は明治23年に建てられ築120年が経っています。また、昭和36年に茅葺屋根から現在の瓦屋根に改修されました。当時としては欅の柱が随所に使用されていることと、柱の断面が大きい事が特徴的でした。
 施主のご要望は、30数年前のリフォ-ムの際に、新建材で塞がれてしまった、かつての土間の大黒柱や梁・桁を再び現して、古民家らしい風情(陰翳礼讃)ある家としたい、また隣接する物置空間を、明るく機能的な水廻りとし、農作業(趣味)の為の土間空間と使い勝手の良いプランにしたいとの事でした。
 I様邸の工事は建物全体でなく、土間空間をメインに延べ床面積の約38%に相当します約21坪の、部分再生という形になりました。部分再生は私も初めてのケ-スでしたが、古民家の場合、これまでに幾多の修繕をしている為、建物の状態が場所によって異なることもあり、今後の再生工事の一つの手法として行きたいと思いました。
 工事は新建材を撤去して、創建時の状態に戻す作業から始まりました。120年の時を経た、黒いチョウナ削りの梁や桁が、生活の中心の場に、シンボリックに甦りました。土間の床は冷えるのでチ-ク材を張り床暖房とし、また、モダンデザインのキッチンとの間に引き戸を設け、和の空間からモダン空間が直接見えないようにしました。基本的に事前調査は行いましたが、はっきりと分からない部分も多く、現場での変更がいくつか発生しましたが、大工さんはその都度、こちらの要望に対して技術と気概をもってあたってくれました。

完成までのブログ
コンセプト
サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール
コンセプト

所 在

つくば市

敷地面積

1302㎡(393.86坪)

建築面積

203.36㎡(61.52坪)

延床面積

185.25㎡(56.04坪) 内再生部分 70.07㎡(21.02坪)

構造・用途

木造(伝統工法)平屋建て

竣 工

2013年 3月

担 当

吉田・恩藏

設 計

㈲吉田建築計画事務所

家族構成

ご夫婦

敷地環境

既存集落内

外部仕上げ

屋根:日本瓦葺き 外壁:漆喰塗り・杉板張り、ガルバリウム

内部仕上げ

天井:杉縁甲板・竿縁天井、踏み天井
壁:珪藻土塗り、杉板張り 床:チーク
自然素材の家づくり 一覧へ戻る 次の作品 ページの一番上に