bird

CASE 10

小さな保育園ならではの家庭的な保育環境づくり

おひさま保育園 木造平屋建 新築工事 神栖市 2018

コンセプト

「背景とコンセプト」
 神栖市大野原は、戦後直ぐに開拓民によって原野が切り開かれ耕作が始まりました。その後鹿島港及び臨海工業地域の開発に伴い人口が増え、かつての農村風景から、住宅地へと大きく変わりつつあります。
 そうした立地のなかで、おひさま保育園は0歳から2歳までの19人の園児を預かる小規模保育園として計画されました。
 僅かにのこる田畑を正面に見据え、家庭的な雰囲気のなかで、子どもたち一人一人を丁寧に保育する園をコンセプトに、木造平屋建ての木の温もりと陽の光り溢れる健康的で、感性豊かな環境づくりを基本として設計しました。
「平面計画」
 小さな子どもを抱えて、送り迎えするお母さんたちが、雨の日でも余裕をもって移動できるように、大きな屋根のあるデッキテラスを園舎入口に設けました。この空間は併せて小さな子どもたちを、日々のお散歩や災害時等の移動の際に、安全かつ効率よく園外へ移動できるスペースとなっています。
 各保育室は南面に面しており、2方向からの自然採光と通風・換気を確保しました。また、天井のデザインを斜めの形とフラットな形を組み合わせ、快適性とともにリズム感のある楽しい室内としました。調理室は保育室に隣接し、家庭での食事の雰囲気となるように、園児と調理の職員がコミュニケーションをとりやすい配置としました。
「外観デザイン」
 子どもたちが、楽しく登園できるように、屋根付きの大きなウッドデッキテラスがこどもたちを迎えます。また、地域のシンボルとなるよう、リズム感のあるデザインを意識しR屋根、切妻屋根など複数の形を組み合わせました。併せて近隣へ配慮して、建物の高さを抑えました。
「コストのスリム化」
 コスト管理が難しい社会背景の中で、デザイン性、機能性、省エネ、メンテナンス性等を考慮し、施主を交えて建材及び設備器具等の仕様や能力に検討を重ね、特に水廻りは過不足無い範囲でスペースと器具の数や仕様を切り詰めるなど、品質を保ちながらコストのスリム化を図りました。

完成までのブログ
特徴
写真

東側全景

写真

木製フェンスに連続する木製引き戸

写真

この建物の特徴である、大きな庇のかかるエントランス回りです。左にある横長の窓からは、子どもたちの様子が窺えます

写真

保育室と連続した縁側的要素の空間。引き戸の開閉によって様々な保育ニーズに応じ、フレキシブルな利用形態に対応します

写真

南側には室内に連続してデッキテラスを設けました。晴れた日は保育室が外まで広がります

写真

明るく開放的な遊戯室はランチルームとしての利用も想定しております

写真

高い天井の玄関ホール。トップライトからは明るい光が降り注ぎます

ギャラリー
サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール
 
パース

外観パース

コンセプト

所 在

茨城県 神栖市

敷地面積

997.07㎡(301.61坪)

建築面積

305.30㎡(92.35坪)

延床面積

305.30㎡(92.35坪)

構造・用途

木造平屋建て・小規模保育

竣 工

2018年 3月

設 計

㈲吉田建築計画事務所

担 当

吉田・山本

その他

 
自然素材の家づくり 一覧へ戻る 次の作品 ページの一番上に