bird

しゃかりき 木造建新築工事 石岡市 2001

コンセプト

「しゃかりき」は津軽三味線の演奏家S氏の稽古場兼小ホールとして設計されました。三味線の音色が聞くものを異世界と誘うような、そんな空間づくりを提案。外観はシンプルな箱をイメージ、立地は住宅街の一角にあり前庭の雑木に立木と相まって隠れ家的存在となっています。
 演奏家の感性と空間のエネルギーが、津軽三味線という形で昇華しあえる内部空間を考えました。シンプルな天然素材を用い、落ち着きのある空間構成で三味線本来の精神性の高い音を引き出せるよう試みています。また、曲面を用いた天井は、明と暗、陰と陽という構成を産み、そのうねりは躍動感を生み出しています。
 津軽三味線のもつ高い価値を称揚し、それに対する社会の認識を高めると共に、誰でも簡単に親しめる民主的な空間としたいと考えました。

コンセプト
サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール サムネール
コンセプト

所 在

石岡市

敷地面積

286.31㎡(86.61坪)

建築面積

49.69㎡(15.03坪)

延床面積

49.69㎡(15.03坪)

構造・用途

木造平屋建て 三味線稽古場(在来工法)

概 要

1F エントラス、トイレ、稽古場

竣 工

2001年 11月

施 工

いなぬま創建

設 計

㈲吉田建築計画事務所

その他

 
自然素材の家づくり 一覧へ戻る 次の作品 ページの一番上に