toggle
2020-02-29

多摩産材伐採地の視察に行ってきました。

東京都武蔵村山市に建設予定のM保育園に使用する多摩産材の伐採地、また多摩産材を扱う中嶋材木店様の工場に視察に行かせていただきました。

青梅市梅郷の伐採地です。多摩産材は約8割がスギ、約2割がヒノキだそうです。立派な多摩産材が空へと高く伸びていました。こちらの山の木は戦後に植林されたものだそうです。ここで伐採された木はトラックで多摩木材センターへ運ばれ、競りに出されるそうです。

多摩木材センター

冬季は木材の伐採の量が一年の中でも特に多いとのことで木材センターには沢山の木が並べられていました。競りは月に2回行われているそうです。競りにかけられた木材は貯木場に運ばれます。

 

 

皮が剥かれた多摩産材

貯木場に運ばれるとまず外側の皮が剥かれます。

多摩産材の皮

剥かれた皮は、

約600℃で燃やされ、木材を乾燥させるための機械の熱源に使われるそうです。

乾燥機

皮を剥き、カットされ4~5か月間自然乾燥を行い、そのあとにこちらの機械で約50度で1週間~10日間乾燥させるそうです。

機械乾燥を終えると含水率を測定し、基準値内であれば合格、製材工場に運ばれます。

製材工場

こちらの製材工場で製材が行われます。製材を終え、寸法を整えるといよいよ出荷されるそうです。

今回視察させていただいた多摩産材は伐採地から程近い東京都武蔵村山市にこれから建設予定のM保育園に使用させていただく予定です。普段木材を目にすることは多いですが、実際に伐採地や加工の現場に行くことは機会が少ないので、今回伐採地また木材センター、貯木場、製材工場と伐採から出荷までの一連の流れを見ることができ、大変面白く、勉強になりました。中嶋材木店様、ありがとうございました。

(スタッフ:吉田(り))

関連記事