bird

CASE 16

神栖の家 Mu邸 古民家再生工事 茨城県神栖市 2020

コンセプト

 大正時代後期にこの地で開業医をされていた、施主の祖父によって創建(築100年)された、寄せ棟屋根せがい造りの端正な建物です。良質な材料にこだわり数年かけて建てたとの話が伝わっています。事前調査の際に瓦が三州産(愛知県)であることがわかり、瓦は当時、近隣で製造されてるものを使うのがほとんどで、わざわざ三州瓦が使われるのは稀有な事です。また定期的なメンテナンスがされており、経年劣化や柱の傾斜も少なく良い状態でした。

 今回の母屋再生にあたっては、渡り廊下でつながっている離れ住宅(30年前に増築)と併せて、親子2世帯(3世代)が同居する計画しました。
 間取りは大きく替えて、南側の廊下部分を部屋として取り入れ、キッチン・ダイニング、リビングと生活の中心をワンルーム的にまとめ、家族みんなが集まってもゆっくりとくつろげるスペースとしました。
 また田の字型の間取りの為、部屋を通って次の部屋に移動してましたが、中廊下を設けることで解消されました。内部は既存の大黒柱や差し鴨居、建具、欄間を活かし、和と洋のスタイルを融合させました。外部は壁断熱を施工するのに大壁としましたが、付け柱・付け土台等により創建時の真壁による日本建築のデザインを踏襲しました。

 今回の工事の際に、渡り廊下部分にエキスパンジョイントという金物を取りつけ、つながっていた建物を構造上分離しました。こうすることで地震の際に、揺れを吸収し被害を軽微に抑えることが可能になります。
 また施工にあたっては、大工さんはじめ比較的若い(40代)職人さんが多く、高い技術を受け継がれており、難しい仕事をしっかりとやっていただきました。再生された住まいで、ご家族の新たな生活が始まることは、設計者としてとても嬉しく思います。

完成までのブログ
特徴
写真

外観

写真

ダイニング・キッチン

写真

パントリー

写真

ダイニングからリビングを見る

写真

寝室

コンセプト
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
サムネール
コンセプト

所 在

茨城県 神栖市

創 建

大正後期

敷地面積

1,108.6㎡(335.35坪)

建築面積

118.02㎡(35.70坪)

延床面積

118.02㎡(35.70坪)

構造・用途

木造平屋建て(伝統工法)・専用住宅

工事種別

改修工事

竣 工

2020年 4月

設 計

(有)吉田建築計画事務所

担 当

吉田・八木

その他

パース

外観パース

動画